2009年09月19日

掃除がひと段落

ぼちぼち、ぼちぼちと亀の歩みで進めていた
作業場の片付け&掃除。

ようやくひと段落。

SN370699.JPG
窯周りもすっきり。

SN370700.JPG
作業台周りも一応すっきり。


かれこれ長い事実家の作業場を使っていなかったので
完全物置と化していましたが
いらない物を盛大にクリーンセンターまで持って行き
ずいぶんとすっきりしました。

これで自宅で細々と作り溜めている物を
作業場に心置きなく移せます。
今まで片付けきれていなかったので
掃除中のうっかり破損を恐れて自宅に保管するべきか
結構悩んで効率が悪かったのです。

まぁ、しかし、いつまでたっても実家の敷地をあてにし、
その上父母にとっては思い出の家具なども
「もういらんのんやろ?」とクリーンセンターへ運び
子守までお願いしている。

極めつけに夕飯の惣菜を分けてもらって帰宅。

今が人生最大に親に頼っているような気が…

「子を持ち親のありがたみが分かる」とよく聞きます。
ドイはそれを
子の世話を通して自分を育ててくれた親への感謝の念を抱く事だと
思っていましたが
どうもドイにとっては
我が子(ドイ)を思い、子守を快く引き受けてくれる
キップの良さ、確実な救いの手に感謝をしている節が…。

とにかく片付け目標達成。ありがたい、ありがたい。
【関連する記事】
posted by ドイ at 10:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通う

ドイは現在の住居から窯のある実家まで作陶をしに
通っているわけですが
いつもなんとも大荷物での移動となります。

ただでさえ大荷物なのに先日は酒屋の店先で
捨てられているワインの木箱を発見し
「これ以上は荷物を増やされへん…」と思いつつ
諦めきれずにもらってしまいました。

たまたま持っていた麻紐でバギーにくくりつけてみました。
SN370464.JPG

そしてこのような行商人ばりのバギーを操って
電車に30分ほど乗車し実家へと向かったのです。

座面下にも荷物満載なので
たぶん軽くバギーの積載重量制限は越えているでしょう。

こりゃあ、バギーが壊れても文句は言えないわなぁ…
といつも思っているドイなのです。
posted by ドイ at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

個展のお知らせ

09ama写真.jpg

ama宛名.jpg
posted by ドイ at 20:22| Comment(4) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。